小林麻耶が前夫の名に改名した理由は?1度離婚したのは何故か?

1度芸能界を引退されてから、復活を果たした元アナウンサーであり、タレントの小林麻耶さん。

今回衝撃ニュースが飛び込んできました。

小林麻耶さんが、「國光真耶 くにみつ・まや」と改名されたと発表がありました。

更に、小林麻耶さんは2023年公開映画「SPELL~呪われたら、終わり~」に國光真耶として映画出演する事が分かっています。

小林さんと言えば、2018年7月24日に整体師の國光吟さんと結婚されて、2021年3月に離婚、2022年3月に再婚を発表されています。

僅か3年~4年の間、2人の間に何があったのでしょうか?

そこで、小林麻耶さんが國光真耶に改名された理由と、1度離婚されたのは何故か?

この2つについて調べてみました。

小林麻耶が前夫の名に改名した理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

RINTAROU(@rintarou_220)がシェアした投稿

小林麻耶さんは、整体師の國光吟さんと結婚→離婚→再婚と至っていますが、ここへきて何故?名前を改名しなければならなかったのでしょうか?

2人は別れてからも同居はしていたようです。

しかし、現在でも2人はブログなど共有している所から、小林麻耶さんは國光吟さんを愛している所は分かります。

 

引用元:https://ameblo.jp/

國光吟さんはブログで「Akira」として発信されています。

今回の小林麻耶さんの改名について以下の様にコメントされています。

お久しぶりだよ😊✨😘

映画の宣伝だよ😊✨😘

なんと小林麻耶が國光真耶に芸名を改名したよ😊✨😘

映画を出るのを機に愛の芸名をつけたよ😊✨😘

旧姓が大事だとお伝えしたけど、僕の苗字だから特別だよ😊✨😘

寺西一浩監督と寺西優馬くんとなんとなんと大村崑さんも出演をするよ😊✨😘

そして宮城大樹くんも出るよ😊✨😘

なんだかもう楽しそうでしょ😊✨😘

そしてこの映画にはとても大事なメッセージが詰まっているから是非観て欲しいよ😊✨😘

とてもとても大事な事だよ😊✨😘

だからみんな是非観てちょんまげ😊✨😘

 

Akiraさんも、小林麻耶さんを応援されています。

更に、小林さんは改名した事で、映画出演も決まりその中のコメントで

「今に心と書いて念!見えないだけで念は生きています。この世には悲しい事に誹謗中傷、いじめ、マウントなど。心の〇人が多く存在します。」と言っています。

小林麻耶さんが改名された理由については、ハッキリしたことは公表されていまでんでしたが、國光性として今後生きてく!といったこれまでのコメントを見ていく限り強い気持ちがあります。

そして誹謗中傷についは、次の「1度離婚したのは何故か?」で紹介します。

小林麻耶が1度離婚したのは何故か?

 

何故小林麻耶さんは、國光吟さん(Akiraさん)と1度離婚されたのでしょうか?

離婚後も同居はされていましたし、こちらの動画では小林さんがAkiraさんと呼んでいる事から決して嫌いで分かれたのではない事だけは分かります。

では、何故2人は1度離婚しなくてはならなかったのでしょうか?

それは、故小林麻央さんの夫市川海老蔵さんとの確執にあったようですね。

テレビのニュースでは、市川海老蔵さんが病床の麻央さんを介護していたと報道していましたが、実際はそうではなかったようです。

小林麻央さんを介護していたのは、小林麻耶さんで、海老蔵さんは病院に5分もいなかったようで、来ては直ぐに帰っていたようです。

更に、市川海老蔵のファンからの誹謗中傷が多く小林麻耶さんは悩んでいたようです。

小林麻耶さんの結婚式当日は市川海老蔵さんの公演日と重なり、それが面白くなく、「どうして公演日当日に結婚するの?」「何考えているの?」などそれはもうかなりのものだったそうです。

小林麻耶さんが1度離婚した理由についてもハッキリしたことは公表されていまでんが、そんな小林麻耶さんは、一般人の國光吟さんを巻き込みたくない!想い、誹謗中傷、妹さんの事で一杯で精神的に参っていてこのまま2人がいては良い事ないと考えた結論ではないでしょうか?

まとめ

 

小林麻耶さんが前夫の名に改名した理由と1度離婚したのは何故か?について紹介してきました。

まとめますと

小林麻耶が前夫の名に改名した理由について

  • 今でも2人はブログで共有していて、國光性として今後生きてく!と考えられている可能性が高いです。

 

小林麻耶さんが1度離婚したのは何故か?

  • 市川海老蔵さんとの確執
  • 小林麻耶さんが受けて来た誹謗中傷、妹さんの介護など精神的に一杯で、國光吟さんに余計な迷惑をかけたくなかった

小林麻耶さんは映画デビューとして新たなスタートラインに立とうとしています。

温かく見守っていきましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事