LiLiCoが肛門爆破後の体調は?プロレスに未練はある?

今回は映画コーディネーター、タレントとして活躍中のLiLiCoさんについて取り上げます。

LiLiCoさんといえば、1970年11月16日生まれの現在52歳。スウェーデンと日本のハーフであり、18歳まではスウェーデンで過ごした後に来日、夫が歌謡グループ純烈の元メンバーの小田井涼平さんであることでも知られていますが、実はプロレスラーとしても活動していたこともあるんです。

今回はそんなLiLiCoさんのプロレスラーとしての一面について詳しく調べてみましたので、早速本題へ入っていきましょう。

 

LiLiCoが肛門爆破後の体調は大丈夫か?

 

LiLiCoさんってそもそもプロレスラーだったの!?」と思われる方も多いと思います。

実はLiLiCoさんは2015年8月にプロレスラーデビューしているんです。

そんなLiLiCoさんが肛門爆破に挑戦したことで話題となっています。

そもそも肛門爆破とは、ビックマッチで行われることのあるパフォーマンスの一つで、肛門に花火を指してバチバチとする芸のことです。

今まで男性が挑戦することはありましたが、女性で肛門爆破に挑戦するのはLiLiCoさんが初めてということで話題になりました。

2022年12月、DDTプロレスのオープニングセレモニーにて実際に挑戦、爆破のスイッチは、なんと夫の小田井さんが押すことに。

「LiLiCoの肛門が破壊したとしても、僕が誠心誠意ケアすることができる。どうせケアしなければならない肛門なら自分で爆破したい。これが本当の夫婦の絆です」と夫の小田井さんが語り、意を決してスイッチを押したそうです。

大きな爆破音と共に白煙が上がり、「いででででー!あつ、あつ、あつ、あつー!」というLiLiCoの絶叫が絶叫が会場中に響き渡ったそうです。

「そんなことして体調は大丈夫!?」と心配になりますが、その後も夫の小田井さんが出演する紅白歌合戦に駆けつけ元気な姿を見せています。

自身のAMEBAブログにて、家族での新年会の様子などをアップしており、体調は問題ないようで安心しましたね。

 

LiLiCoは何故?肛門爆破後を考えたのか?

女性では初めてとなる肛門爆破というパフォーマンスを行ったLiLiCoさん。

何故?肛門爆破に挑戦しようと思ったのでしょうか?

調べてみると、インタビューにて「普通の女の子になりたくないから。リングに立ちたい。膝よりもっと痛いところができたら膝は治るかなと思った」と語っています。

実はLiLiCoさん、2020年8月に左膝を骨折しているんです。

この怪我はプロレスによるものではなく、濡れた路面で足を滑らせ転倒したことが原因だそうです。

全治10ヵ月の「膝蓋骨骨折」と診断され治療を受け、リハビリを行い良くなったそうようですが、完全には痛みが取り切れない状態が続いていたそうで、この痛みがきっかけで2022年3月にプロレスラーを引退、肛門爆破を考えたのも、この怪我がきっかけだったようです。

 

夫の小田井涼平の感想は?

 

引用元:中日スポーツ

肛門爆破後は夫の肩を借りながらコメントスペースに現れたLiLiCoさん。

LiLiCoさんは「完全にもう…使えません。使ってなかったからな。でもなんか…愛が深まった気がする」とコメント。

自らの手で妻であるLiLiCoさんの肛門爆破を行った夫の小田井さんは「自分が思ってたよりも…あんなに大きな火が出ると思っていなくて」と戸惑いつつ、妻の負傷箇所を確認。

「肛門じゃなくて、ブラックホールみたいです」と語り、驚愕の表情を見せました。さすがとも言えるパフォーマンス、そして夫婦の絆ですね。

LiLiCoは今でもプロレスに未練があるのか?

 

2022年3月、両国国技館にてLiLiCoさんは引退試合を行っています。

そこでは夫の小田井さんも、一夜限りでプロレスデビューを果たし、セコンドには純烈の他のメンバー3名(酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太)も駆けつけました。

相手はDDTハレンチ軍団(男色”ダンディ”ディーノ、飯野”セクシー”雄貴、今成”ファンタスティック”夢人)。序盤こそ相性のよさでLiLiCoさんがディーノさんを攻め込みましたが、最後はディーノに膝十字固めにされLiLiCoさんがギブアップ。惜しくも敗北という結果に終わりました。

涙の引退セレモニーでLiLiCoさんは「悔しいけど、やりきりました。20年以上前からプロレスラーになりたいと願望があったけど、誰だかわからないと拒否されたこともありました。それだったら知名度をつけて、やりたいプロレスをやると決めました。試合に出ると毎回捻挫しました。でもそれが勲章で…」とプロレスへの熱い思いを語っています。また「一年経たないうちにもしかしたら黒とゴールドのコスチュームにもう一回、袖を通せたらいいなと思っています。プロレスラーの引退って誰も信じてないと思うんで、できたらいいなと思います」とも話し、早くも復帰宣言とも取れる発言をしています。

やりきったと語る一方、本当に好きなプロレスに対して未練が残っている様子ですね。

 

LiLiCoは今でも現役で通用するか?

LiLiCoさんは現役プロレスラーとして活動していた2016年1月、赤井沙希さんを奇襲し、アイアンマン当座を獲得。その後2016年3月には王座を防衛したものの、2016年4月、赤井沙希さんと再度対戦し敗北、アイアンマン王座から陥落。しかし、2016年5月には再度アイアンマン王座を載冠するといった戦績を残しています。

そんなLiLiCoさん、左膝の怪我で思うように戦えない時期もあったようですが、膝が完治したらまだまだ現役で通用するのではといった声が上がっています。

LiLiCoさん本人も復帰に対して前向きな発言をしていますし、いろいろなことに対して努力する姿勢が垣間見れるLiLiCoさん。

今後もタレントや映画コメンテーターとしての一面はもちろん、現役プロレスラーとして復帰する未来も近いかもしれません。LiLiCoさんの活躍に期待したいですね。

 

まとめ

 

LiLiCoが肛門爆破後の体調は?プロレスに未練はある?について紹介してきました。

まとめますと

  • LiLiCoさんは、試合後に旦那さんのいる紅白歌合戦に行ったりしている事から、体調には問題ありません。
  • LiLiCoさんは、プロレスに未練はあるようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事