大谷翔平はB型で血液型から見える性格は?

文字通り世界的なベースボールプレイヤーであり、その才能をいかんなく発揮する大谷翔平選手。

彼の血液型はB型です。

B型の性格を分析しながら大谷選手の人間的な魅力や野球選手としての長所や特性さらには、別のB型のプロの選手の紹介などを通じて血液型から見える大谷翔平選手の性格に迫ってみたいと考えます。

大谷翔平はB型!

 


B型という血液型は、日本人には2割程度と言われています。

比較的インドなど大陸系の人の方がB型は多く、その点では血液だけをとらえると大谷翔平選手は意外にも日本人に多いとされるA型やO型などと比較するとやや少ない血液型の選手といえます。

 それではB型の特徴を今から挙げる事で大谷選手の性格を考えてみたいと思います。

まず第一に言えるのはB型の人は、探求心が強い傾向にあります。

大谷選手は打者と投手を同時にこなす2刀流の選手。

打者としてのトレーニングや調整方法と投手としてのトレーニングや

調整方法は異なるにも関わらず同時にこなせているのはその探求心の強さ

からこそ成功できていると考えます。

第二にB型の人に言えるのは、好奇心の強さです。

大谷選手は、打者としても野手としても頂点を極めてみたいという旺盛な好奇心があったと感じられます。

常に高みを目指していたそうです。

多くのプロ野球選手は少年時代にはチーム内ではエースで4番が定番です。野球センスの塊の集団がプロ野球選手に将来なるのでこれは当然といえる事かもしれません。

しかし、年齢が上がるにつれて多くの選手が、野手か投手のどちらかを選択しその道で成功しようと考えます。

大谷選手はB型の特徴ともいえる好奇心が極めて強く誰しもできなかった二刀流へチャレンジしてみようと前人未到の未知の世界に躊躇なく進めるのは、だれよりも好奇心が極めて強い証ともいえそうです。

 

大谷翔平の血液型から見える性格とは?

 

 

第三にB型の大谷選手にいえるのは積極的な性格です。

大谷選手は花巻東高校に入学した時から明確な目標があったといいます。

それは日本一になり、球速160KMを超える速球を投げ、先輩の菊池雄星を超える存在になるという極めて積極的な目標です。

こうした目標通り、早くから頭角を現し、日本一こそ逃しましたが20123月の選抜高校野球大会で、大阪桐蔭高校と対決。

大阪桐蔭高校の藤浪投手と投げ合い本塁打を放つ素晴らしい実績を残しています。

この試合は敗退こそしましたが、全国に花巻東の大谷選手の名前を知らせる絶好の素晴らしい活躍を見せた試合でした。

彼の有言実行の前向きな性格をよく表しています。

最後にB型の人に多い論理的な考えを大谷選手が有している事を紹介したいと思います。

大谷選手は高校卒業後の進路をプロ野球と決めていました。

プロの中にはなんと日本のプロ野球だけではなく米国の球団も進路として考えていたそうです。

進路につき熟慮の結果大谷選手は、いきなり米国に行く決断をしていたそうです。

このため日本のドラフト会議を待たずして正式にメジャーリーグ挑戦を表明します。

しかし、北海道日本ハムは、ダルビッシュ有投手が抜けたためどうしても日本ハムの次代を担える選手が欲しくて大谷選手を一位指名します。

栗山監督はじめ、日本ハムのフロントは、大谷選手を説得するため、情ではなく論理的に多くの資料を大谷選手に見せて、いきなりメジャーに挑戦するよりも日本で実力をつけてチャレンジしたほうがメジャーでの成功の可能性が高いと論理的に説明します。

この論理的な説明は、今までメジャー挑戦を考えていた大谷選手の気持ちを変えさせました。

B型の性格である論理的な思考が、北海道日本ハムとの入団交渉の過程で発揮され大谷選手はまずは日本で実績を積んだ方が成功の可能性が高いと気持ちを変えさせたのだと考えます。

 

 大谷翔平と同じ血液型のプロ野球選手の特徴とは?

 

さて大谷選手のB型としての特徴を考えていたところで今度は同じB型のプロ野球の選手の特徴を見ていきましょう。

まずは長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督です。B型の人が有する積極性や、臨機応変な特徴が長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督にはあると考えます。

今でも他の球団が成し遂げられていない巨人軍9連覇という輝かしい偉業を成し遂げたチームの中心選手であった長嶋茂雄氏。

積極的で何事も前向きにとらえる事ができるからこその素晴らしい偉業です。

また監督時代には多くの試合でB型らしい臨機応変な多彩な采配をみせファンを魅了しました。

一例を挙げると80年代後半から常勝球団になりつつあったのが西武ライオンズとの対戦です。

巨人は、過去日本シリーズでは西武相手に敗退を繰り返してきました。

しかし監督として西武ライオンズと対決した時に長嶋監督にB型の性格が如実に表れ西武に勝利します。

即ち、1994年の西武ライオンズとの日本シリーズにおいて先発要員の桑田投手をリリーフに投入し

一気にシリーズの流れを巨人に引き寄せた采配はB型の臨機応変な性格がよくでたシーンといえます。

またB型で代表的な選手はイチロー選手です。

彼は大谷選手と同様、極めて強い探求心を有しています。

試合に臨むまでの入念な調整方法はまさにイチロー選手の強い探求心からのものでしょう。

さらに前向きなB型の特性がイチロー選手にはあります。

それまでメジャーに挑戦した日本人は投手であり野手はイチローの前に挑戦した選手はいません。前例のない中であえて野手として挑戦したイチロー選手と2刀流の挑戦に挑む大谷選手はB型の前向きで積極的な特性としてかなりの点で共通しているといえます。

 

まとめ

 

大谷翔平はB型で血液型から見える性格は?について紹介してきました。

まとめますと

  • B型で血液型から見える性格は積極的で、前向きな事が分かりました。
  • B型の性格らしく大谷選手は好奇心を有し、相手の選手の探求心も忘れません。

今後さらにB型の特性と彼の不屈の精神でさらに多くの感動を世界中のファンに向けて発信していって欲しいと考えます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事