井上尚弥の次戦スーパーバンタムで戦う相手は?ムロジョン?フルトン?

2022年12月13日有明アリーナで行われたボクシング井上尚弥vsポールバドラーの試合は11ラウンド井上選手のKO勝利でバンタム級4団体統一王座になりました。

試合内容はともかく、今後の井上選手に注目ですが、ヒーローインタビューの中で井上選手は(これからは1階級上げていく事を考えています!)と抱負を述べていました。

1階級上げるという事は、スーパーバンタム級で戦う事を意味しています。

現在スーパーバンタム級のチャンピョンは、WBA、IBFチャンピョンのムロジョン・アフマダリエフ選手とWBC、WBOチャンピョンのスティーブン・フルトン選手がいます。

井上選手はどちらの選手と戦う事になるのか?紹介します。

 

現スーパーバンタム級チャンピョン

 

引用元:https://box-p4p.com/

 

井上尚弥選手がスーパーバンタム級で戦うであろう現スーパーバンタム級のチャンピョン、ムロジョン・アフマダリエフ(画像右)とスティーブン・フルトン(画像左)になります。

ムロジョン・アフマダリエフ選手はWBA、IBFチャンピョンでスティーブン・フルトン選手WBC、WBOのチャンピョンで双方ともに2団体を制覇されています。

井上選手はどちらのチャンピョンと戦うのでしょうか?

 

ムロジョン・アフマダリエフ

 


ムロジョン・アフマダリエフ選手は身長が166㎝でありながらサウスポーから繰り出されるパンチの破壊力はライト級レベルと称されています。

パンチが重たく、リズム感とフットワーク、コンビネーションは中々とらえる事が難しいとされています。

弱点が見当たらないという事です。

2021年4月3日には岩佐亮佑(いわさ・りょうすけ)選手と戦い5R1分30秒にTKO勝ちをしています。

岩佐選手はアフマダリエフ選手と戦った印象として「ジャブが重く、バランス崩れる様な押されるようなジャブだった。」「ムロジョンはジャブが武器です。」とコメントされています。

アフマダリエフ選手のプロの戦績は11戦11勝で内8KOです。

 

ムロジョン・アフマダリエフのプロフィール

ムロジョン・アフマダリエフ

生年月日  1994年11月2日

出身地   ナマンガン

身長    166㎝

リーチ   173㎝

国籍    ウズベキスタン

戦績    10戦10勝(7KO)無敗

 

 

スティーブン・フルトン

 

この投稿をInstagramで見る

 

100 BILLION(@coolboysteph)がシェアした投稿

スティーブン・フルトン選手は、ムロジョン・アフマダリエフ選手に対してKO率は低いもの。的確なパンチの当て感やテクニックで井上選手に対して「簡単に倒せる!」とまで豪語している選手です。

完璧なディフェンスとスタミナが定評なフルトン選手は、相手を常に研究しポイントで勝利する試合が殆どです。

更にフルトン選手は、試合の中で戦術を変える事を得意とする選手です。

無敗を維持しているのも分かりますね。

井上選手にとってフルトン選手の様なタイプは噛み合わないかも知れませんね。

 

スティーブン・フルトンのプロフィール

スティーブン・フルトン

生年月日   1994年7月17日(28歳)

出身地    ペンシルベニア州フィラデルフィア出身

身長     169㎝

リーチ    179㎝

国籍     アメリカ

戦績     20戦20勝(8KO)無敗

 

 

井上尚弥選の次戦の相手はムロジョン?フルトン?

 

井上選手がバンタム級4団体統一王座になったことで、次に狙うのは1階級上のスーパーバンタム級です。

これは井上選手自らの希望で、今後バンタム級のベルトを返上して本格的にスーパーバンタム級で動いていくでしょう。

そこで次に戦う相手スティーブン・フルトン、ムロジョン・アフマダリエフどちらになるでしょうか?という事なんですが、井上選手が今後スーパーバンタム級4団体制覇を目指しているのであれば、2人との闘いは避けては通れない道です。

つまり絶対戦わなければならない相手になるという事です。

従って井上選手の次戦の相手ではなく、先にスティーブン・フルトン、ムロジョン・アフマダリエフどちらと先に戦うか?という事になります。

フルトン選手、ムロジョン選手双方の井上選手に印象についてのコメントを見る限り、ムロジョン選手が有力ではないかと思います。

ムロジョン選手は「井上選手は偉大なチャンピョンで是非試合がしたい!階級はバンタム級、スーパーバンタム級どちらでもいい」そこまで井上選手との対戦を熱望されています。

そして、ムロジョン選手はファイタータイプなので井上選手と噛みあう相手です。

それに対して、フルトン選手はファイタータイプではなく井上選手とは噛みあいにくい相手という事、 フルトン選手は近々にも1階級上のフェザー級を視野に入れているという情報もある事から、フルトンvsムロジョンのスーパーバンタム級4団体統一戦が先になる可能性もあります。

井上尚弥vsスティーブン・フルトンの試合は大分先になるかも知れませんね。

 

井上尚弥vsフルトン戦が有力!

【2023年1月20日追記】

 

引用元:東スポ

井上尚弥選手がスーパーバンタム級で最初に対戦する相手については、日々噂が飛び交ってきいましたが、ようやく先が見えそうなニュースが入ってきました。

井上選手が次戦に対戦する相手は、スティーブン・フルトン選手で落ち着きそうです。

 

日本時間の1月19日、複数の米メディアが報じた「井上vsフルトン戦」合意のニュース。試合を配信するスポーツ専門局「ESPN」は「5月に日本で開催予定」と具体的な日程まで報じていますので、かなり実現性は高いとみられます。
引用元:ニッポン放送

 

しかも5月日本で開催?井上選手は、今回チャレンジャーという立場だというのにフルトンはよほど自信があるんでしょうね?

フルトン選手は当初ブランドン・フィゲロア選手と戦う予定でしたが、フルトン陣営は井上選手と試合するのを優先した模様と報じられていました。

逃げた!と思われるのがフルトン選手にしてみれば、嫌だったのではないでしょうか。

フルトン陣営の今後の構想としては、井上選手に勝利してから、階級を上げてフィゲロア選手と再戦されるということになります。

今回井上選手と戦う有力選手でもあった、ムロジョン・アフマダリエフ選手は怪我で間に合わない事、復帰した場合、マーロン・タパレス選手と防衛線を行う義務があるので、アフマダリエフ戦は今の所、まずありません。

しかし、いずれにしても井上選手がスーパーバンタム級4団体チャンピョンになる為には、フルトン選手、アフマダリエフ選手から避けては通れない道なんです。

 

井上選手は既に戦闘モードに入ってますね!

まとめ

 

井上尚弥の次戦スーパーバンタムで戦う相手は?ムロジョン?フルトン?について紹介してきました。

まとめますと

  • 井上尚弥の次戦スーパーバンタムで戦う相手はムロジョン・アフマダリエフ選手と先に戦う可能性が高いです。
  • 理由として、ムロジョン・アフマダリエフ選手は兼ねてから井上選手との試合を熱望していて井上選手を目標としている。
  • ムロジョン・アフマダリエフ選手はファイタータイプで井上選手と噛みやすい相手な事

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事