「純烈」小田井涼平の本当の脱退理由は?他メンバーはそのまま存続できる?

純烈と言えば皆さんどの様なイメージをお持ちでしょうか?

以前テレビのワイドショーで取り上げられていた事を思い出します。

”スーパー銭湯アイドル”純烈!として紹介されていました。

4人組でイケメンで、身長が180㎝でマダムから圧倒的な支持を得ていました。

それもそのはずです。メンバーは皆戦隊ヒーロー出身の俳優だからです。

そして今回、4人組の1人小田井涼平さんが、2022年12月いっぱいでメンバーを脱退されるというニュースが舞い込んできました。

小田井涼平さんは何故2022年12月いっぱいでメンバーを脱退されるのでしょうか?

3人で純烈は成り立っていけるんでしょうか?

この2つの疑問について調べてみました。

「純烈」小田井涼平の本当の脱退理由は?

 

小田井涼平さんはどうして、年内一杯で純烈を脱退する事に至ったのでしょうか?

記者会見も行っている事から小田井涼平の意志は固いように見えます。

意志が固いと言うよりは、まるで初めから何かやりたいことがあったかのような?

そんな風に感じた記者会見でした。

更に調べていくと面白い事が分かりました。

 

小田井涼平の本当の脱退理由は?

 

記者会見で小田井さんは、純烈を辞めてからの活動に関して具体的な事は話していませんでしたが俳優業の可能性が高いです。

理由としては、元々小田井さんは仮面ライダースーパー戦隊シリーズなど他数多くのドラマに出演していて、もう一度、俳優業としてチャレンジするのではないでしょうか?

小田井さんのソロ歌手デビューはまずありません。

これは小田井さん自身も話されていましたが、「ソロ歌手になるのであれば、とっくに活動している!」と、それと小田井さんは純烈メンバーの中でも一番音痴で、本人もそこは認めています。

現在の純烈のメンバー4人全員俳優経験があり、個人では芽が出ない事からリーダーの酒井一圭さんが、皆で力を結集すれば良い物が出来るのでは?という思いから縦列が結成されています。

 

小田井涼平が純烈を脱退する理由は以前から決めていた事なのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

純烈(@junretsu_official)がシェアした投稿

実は小田井涼平さんが純烈脱退する事は、以前から決めていました。

それは、2022年4月1日の小田井涼平さんの純烈脱退記者会見で明らかになりました。

小田井さんは年度初め、新しいスタートと言う意味もあり、事務所と話し合い2022年4月1日に記者会見を開く事になりました。

ファンは2022年4月1日はエイプリルフールで小田井さんの純烈脱退は嘘ではないか?という噂もありましたが、本当です。

小田井さんが純烈脱退を考え始めたのは、純烈が初めて紅白歌合戦出場を果たした時でした。

紅白歌合戦出場を目標にしてきた小田井さんは夢が叶った思いで、正直1回でも紅白に出れればと言う気持ちが強かったようです。

 

純烈メンバーの反応は?

 

小田井さんが純烈脱退となると、メンバーの反応が気になる所だと思います。

  • リーダーの酒井一圭さん

「今迄このメンバーでやってきて同じ釜の飯を食ってきた仲!小田井の様子の変化は気が付いていました。何も語らずともおおよその察しはついていました。本人から気持ちを聞いた時応援しようと心から思いました。」

 

  • 白川裕次郎さん

「初めに小田井さんの純烈脱退の話を聞いた時驚きました。自分より年上で頼れる存在です。純烈が解散するまで一緒にやれる通っていました。

 

  • 後上翔太さん

「小田井さんが辞めるのは寂しいです。しかし、小田井さんはファン想い中で良く考えた末の結論だと思います。残りの2022年12月一杯迄、純烈、ファン共に小田井さんを見送りたいです。」

記者会見では、純烈メンバーお互い多少の照れもありましたが、皆さん長年小田井さんと一緒に過ごしてきた時間が長く笑顔で話されていました。

 

純烈新メンバーが発表!

「2022年9月1日追記」

 

2022年9月1日に純烈の「スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免" 」の舞台あいさつで何と!サプライズが!純烈新メンバーの発表がありました。

小田井涼平さんの後釜には「岩永洋昭 いわなが・ひろあき」さんが純烈新メンバーとして加わる事になりました。

メンバーは岩永さんの新メンバーは知っていたそうですが、舞台挨拶に登場する事は知らされていなかったそうです。

リーダーの酒井一圭さんは、1週間前からこのサプライズを思いついたそうでうす。

因みに岩永さんがこの時に着ていた衣装は小田井さんの物だそうで正に「小田井さんの後釜に相応しい人物なのではないでしょうか?」

岩永洋昭さんて誰?と思う方いるのではないでいしょうか?

そこで、岩永さんてどんな人?紹介しています。

 

岩永洋昭の記事はこちらです

 

他メンバーはそのまま存続できる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

純烈(@junretsu_official)がシェアした投稿

純烈ファンが心配している事として、 小田井さんが純烈を脱退した後です。

 

小田井さん結構面白かったしね。残りの3人でやってくのか、それとも新メンバー加入か。
引用元:日刊現代DIGITAL

 

ドル箱始まったばかりなのに...
...と思ったら年内いっぱいか
それなら3クールはいけるのか...
引用元:日刊DIGITAL

 

小田井さんが2022年12月一杯で純烈脱退する事により、2023年から純烈メンバーは3名で活動していくのでしょうか?

こちらに関しては、具体的な発表はないので分かり次第、追記します。

発表はされていませんが、リーダーの酒井一圭さんと事務所側で話が進んでいる可能性はありますね。

小田井さんは所属事務所(G-STAR.PRO)を辞めるわけではなく、あくまでも純烈を離れるという事です。

今後、純烈のゲストとして呼ばれる可能性は十分考えられます。

小田井涼平のこれまでの経歴とプロフィール

【2022年7月4日追記】

これまでの小田井涼平さんの経歴とプロフィールについてまとめてみました。

小田井さんは神戸学院大学法学部を卒業後、家電メーカーに就職するも仙台の勤務を命じられて知らない町で友人を作る為に「涼平」の名前でモデル活動を開始しました。

会社勤務しながらのモデルの仕事でしたが、JA東北、山形新聞などの地場大手企業のCMに出るようになりモデルの面白さに惹かれて会社を退職する。

東京に居を移しモデル活動を続けます。

小田井さんが、28歳の時に俳優の藤村俊二さんと出会い付き人をします。

有名な話として、小田井さんは藤村さんから「男は40歳まで貯金しないでいいからどんどんお金を使いなさい!40になったらお金を貯めなさい!」その言葉が小田井さんにとって付き人していて1番嬉しかった言葉だそうです。

小田井さんは28歳から30歳までモデルの仕事をしていましたが、30歳を迎えて関西に帰ろうかと思って実家に帰る意思を連絡しました。

1ヵ月後に「仮面ライダー龍騎のオーディション受かりました!」と連絡を受けて小田井さんは再度実家に「1年間仮面ライダーをやる事になりました!」と報告しました。

2007年に純烈リーダー酒井一圭さんからの誘いで純烈メンバーになります。

小田井さんは紅白歌合戦出場を目標に日々"銭湯ライブ”を地道に活動してきた結果、2018年に純烈初の紅白歌合戦初出場を果たしました。

小田井涼平のプロフィール

名前: 涼平(旧芸名)

生年月日: 1971年2月23日(51歳)

出身地: 兵庫県川西市

身長:  188㎝

体重: 80㎏

血液型: A型

最終学歴: 神戸学院大学 法学部

配偶者:LiLiCO

趣味: DVD鑑賞、模型製作

特技: スキー・スノボー、バレーボール

 

小田井涼平が純烈卒業後はリポーターに?

【2022年6月18日追記】

 

6月15日放送された「ニュースLIVE! ゆう5時」に小田井さんがゲスト出演されました。

小田井さんは28歳の時に東京に上京されて声優の藤村俊二さんの付き人を努めていた事を明かしています。

それと同時に小田井さんの純烈卒業後についても話されています。

小田井さんは、純烈卒業後はリポーターを目指しているとか。

 

VTR終了後、インタビュアーを務めた小松宏司アナウンサーは、「そして脱退の真の理由という事についても、この番組に話してくれまして。100%のパフォーマンスというのをこのあと歳を重ねる中で、できなくなってしまうんじゃないかと、それがグループに大きな影響を与えてしまう、ここの部分は涙を流されながら話をされていました」とコメント。

さらに、小松アナは「リポーターになりたいんですって。色々やりたい中のうちの1つがリポーター」と小田井さんは純烈脱退後はリポーターを目指している事を明かします。
引用元:modelpress

 

小田井涼平の関連記事はこちらです

まとめ

 

「純烈」小田井涼平の本当の脱退理由と、他メンバーはそのまま存続できる?について紹介してきました。

まとめますと

小田井涼平の本当の脱退理由は?

  • ドラマの経験が多く俳優業に挑戦する可能性が高いです。

 

他メンバーはそのまま存続できる?

  • こちらに関しては詳しい発表はされていません。
  • 小田井さんは事務所を辞めるわけではなく、純烈から離れるだけなので今後、純烈のゲストとして出演される可能性が高いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事