富田靖子がガンダムのシャア・アズナブルを好きになったキッカケは?

車の中でラジオを聞いていると、富田靖子さんの話題になりました。

「富田靖子さんは、ガンダムのキャラクターでシャーのファンなんだそうです。」

それを聞いた時に、まず思った事が

  • 富田さんがシャーのファン?意外!でした。
  • いつ頃からシャーのファンになったのか?キッカケは?

そこで、今回は富田さんが、ガンダムのキャラクターのシャーを好きになったキッカケと

いつ頃から好きになったのか?リサーチしてみました。

結論から申しますと

  • シャアを好きになったのは富田さんが12歳の頃です。
  • キッカケはガンダムを見る様になってからです。

富田靖子のシャアを好きになったキッカケは?

 

色々リサーチしていくと、富田さんがシャーを好きになったキッカケが分かりました。

それは、富田さんが12歳の頃にガンダムを見る様になってから、シャアの存在を知ってそれがキッカケで好きになったんですね。

実は富田さんが12歳の頃からガンダムを見ていて、熱狂していたそうです。

機動戦士ガンダムは1979年から1980年に放送していたので、富田さんが小さい時にテレビを見てシァアを一気に好きになったのでしょう。

その頃は、主人公のアムロは好きではなかったそうです。

当時の富田さんはアムロの話す言葉が子供っぽく好きになれなかったそうです。

機動戦士ガンダムとは?

 

機動戦士ガンダムがテレビで放送されたのが、1979年から1980年という事はかれこれ40年近く経ちます。

今の世代の方は当然、分からないと思います。

そこで、ざっくり機動戦士ガンダムとは一体、どんなアニメなのか?お話ししたいと思います。

機動戦士ガンダムは、1979年にテレビで放送されたロボットアニメです。

人類が増えすぎ、人々は地球から、宇宙に移住する。

そこで、宇宙都市サイド3は地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。

宇宙サイド7に住むアムロレイは、MSザク(ロボット)の攻撃に巻き込まれて、度重ねる偶然が重なり、連邦軍の開発したMSガンダムのパイロットになってしまう。

そこから、地球を舞台に戦争を繰り広げていくんですが、戦いの中に人の出会い、助け合い、

別れ、悩み傷付きながらアムロの成長していく姿を描くアニメです。

 

富田靖子が愛するシャアアズナブルとは?

普通テレビドラマやアニメと言ったら、主人公が目立ち人気があるのもです。

しかし、富田さんはアムロよりシャアのファンだと言っています。

シャアとは、一体どんな人物なんでしょうか?

 

画像引用元:ガンダム公式サイト

シャア・アズナブルは有能な軍人であり、常に冷静に判断が出来る一方、復讐を成し遂げる為には友人であろうと始末することも厭わない冷徹な一面もある。

アムロとは、生涯のライバルとして戦ってきましたが、シャアが幾たびに攻撃を仕掛けますが、

ガンダムの強固な装甲や武装に驚嘆してしまう。

シャアがアムロを生涯のライバルとしているのは、ララァ・スンという女性が関係しているかも?

 

富田靖子は名古屋で行われたガンダムの展示会にガンプラを出品してました

 

2018年7月25日にTHE GUNDAM BASE TOKYO POP-UP EVENT in NAGOYAというイベントで

富田さんがガンプラを出品していました。

頭部と左腕がないガンダムは青と赤のデザインで、プロ顔負けの塗装です。

細かいところまで行き届いているのが分かります。

以前、シャア・アズナブルのファンと語っていた富田さんは、こちらの横のパネルにも「当時は赤い彗星のシャアの熱烈なファンでした。」と記載されています。

EXILE MAKIDAI ガンプラ愛は家に100体も!

 

EXILE MAKIDAIさんもガンダムに対する愛が半端なく、何と!自宅には100体ものガンプラがあるそうです。

GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」のオープニングセレモニーが20日、ダイバーシティ東京 プラザで行われたイベントでは、EXILE MAKIDAI さんが、自宅にあるガンプラを写真で後悔しました。

赤いギャンと、ラインストーンで装飾したシャア専用ズゴックです。

その動画がこちらです。

EXILE MAKIDAI さんが、ガンダムにハマった事を聞かれると

「子供のときに、新しいモビルスーツが毎週のように出てきてハマった。大人になってゲームセンターで『機動戦士ガンダム 戦場の絆』というゲームで遊んで、作品を見直そうと思ったら、作品ごとのつながりが見えてきた」と熱く語って、ガンダムの魅力をアピールした。
引用元:MANTANWEB引用

 

まとめ

富田靖子さんがガンダムのキャラクターである、シャア・ズナブルを好きになったキッカケについて紹介してきました。

まとめますと

  • シャアを好きになったのは富田さんが12歳の頃です。
  • キッカケはガンダムを見る様になってからです。

でした。

小さい頃からシャアのファンになり、大人になった現在も好きというのは素敵なことで

なかなかそこまで、想い続けられる事はありません。

富田さん、末永くシァアを応援していって下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事