井上尚弥とカシメロの試合日程はあの日で確定?

井上尚弥選手の次戦の相手は誰なんでしょうか?

当初はドネアと報じられていましたが、一転して井上尚弥VSカシメロの試合が可能性が高まっています。

井上尚弥選手はカシメロと戦う気満々で、リングで白黒はっきりさせたい!と言っている位です。

試合を組むのは井上尚弥選手ではないんですが、カシメロが契約を結ぶプロモーターの方はオッケーを出しているので、後は交渉で決まると思います。

井上尚弥VSカシメロの試合が決まった場合、試合日程はいつになるんでしょうか?

 

井上尚弥vsカシメロ試合は2022年以降に持ち越し?

【2021年10月14日追記】

 

引用元:スポニチ

井上尚弥選手の次戦が年内に国内で行われることが明らかに!しかし、対戦相手がカシメロ、ドネアでもない。

井上尚弥選手の所属する大橋ジムの大橋秀行会長が明らかにしています。

対戦相手と詳しい日程については公表されていませんが、交渉は進んでいるとの事です。

カシメロは、WBO1位ポール・バトラー(32=英国)と、ノニト・ドネアはレイマート・ガバリョ(25=フィリピン)との対戦指令が出ている為、井上尚弥選手の4団体統一は2022年以降に持ち越される可能性が出てきました。

 

井上尚弥vsカシメロ2021年内の試合は絶望的!

【2021年11月1日追記】

 

 

衝撃のニュースが飛び込んできました。

ボクシングファンが待ち望んでいた井上尚弥vsカシメロの試合が流れました。

プロモーターとの交渉が難航したようです。

カシメロは12月11日に同級1位のポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと報じられている事!試合会場がドバイか英国で行われる事から試合が行われる事がほぼ決まりです。

従って今年(2021年)内の井上尚弥vsカシメロの試合は行われません。

 

井上尚弥vsカシメロの試合は2022年に行われるのか?

 

では井上尚弥vsカシメロの試合は来年(2022年)に実現するのでしょうか?

調べた結果、

【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】米興行大手トップランク社のボブ・アラム氏は24日、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)について、2022年に日本で4団体統一戦を行いたい意向を述べた。

引用元:日本経済新聞

 

という事が分かりました。

日本で行われる予定の4団体統一戦で井上尚弥vsカシメロの試合が実現するかも知れません。

これはまだ確定ではないので、ハッキリわかり次第、追記します。

 

井上尚弥vsアラン・ディパエンの試合が決定

 

 

井上尚弥選手が今年(2021年)12月14日両国国技館でIBF世界ランキング6位のアラン・ディパエン(タイ)と戦う事が明らかになりました。

井上尚弥陣営(大橋ジム)はアラン・ディパエンの試合を決めたのでしょうか?

一説によると、井上尚弥陣営はアメリカの選手2人の試合のオファーを出したそうですが、プロモーターが承諾しなかったとか・・・

確かに井上尚弥選手の試合間隔を空けないのも理由に挙げられます。

アラン・ディパエンはどんな選手なのでしょうか?

調べてみた結果、アラン・ディパエンで検索してみるとケンナコーンと出てきます。

つまり、アラン・ディパエン・ケンナコーン・GPP・ルアマイカイモックと言うのが名前なんです。

アラン・ディパエンのプロフィール

名前:アラン・ディパエン・ケンナコーン・GPP・ルアマイカイモック

国籍:タイ

年齢: 30歳

生年月日: 1991年2月1日

身長: 162㎝

戦績

プロ戦績14戦12勝2敗(11KO)

右ファイター

獲得タイトル
元WBCインターナショナル・スーパーフライ級シルバー王者
元タイ・スーパーフライ級王者
元IBF環太平洋スーパーフライ級王者
現IBF環太平洋バンタム級王者

過去に荒川竜平選手と試合をしていますが、アラン・ディパエン選手は良い右ストレートを打ちますね!

井上尚弥選手の相手ではないと思いますが、甘く見るとやられるので、最後まで気を引き締めて勝って欲しいです。

井上尚弥vsアラン・ディパエン線チケット購入方法とは?

 

井上尚弥vsアラン・ディパエンの試合のチケット販売について発表がありました。

 同チケットは抽選販売となり、希望者は、チケットの種類・枚数、氏名、郵便番号、住所、連絡先を必ず明記し、team.inoue.boxing@icloud.comに申し込む。申込み受け付けは11月3日まで。11月5日~10日までに当選した人にはメールで連絡される。なお、当選者はキャンセルができないため、重複しての申し込みはしないよう求めている。

引用元:スポーツ報知

 

  • チケットの価格は?
チケットの価格

特別リングサイドSRS席 15万円

マス席SSS席  10万円

マス席SS    7万円

マス席S     5万円

スタンドA   3万円

スタンドB   2万円

スタンドC   1万円

 

 

井上尚弥とカシメロの試合日程はあの日で確定?

 

最近になってから、井上尚弥VSカリメロの試合が現実味を帯びてきています。

昨日、井上尚弥選手がTwitterを更新!その内容がカシメロと試合がしたい!と言った内容です。

 

井上尚弥選手は、カシメロと試合をするのやる気満々です。

そこまで井上尚弥選手の闘志に火をつけたのは、2021年8月15日のカシメロVSリゴンドーの試合で起こりました。

井上尚弥選手は、この試合の解説席にいました。間近でカシメロの試合を見ていました。

試合終了後のカシメロのインタビューで今後の展開について聞かれると、「次はドネア、最後に井上だ」と吠え、中指を立てる過激なパフォーマンスを見せた。

これが井上尚弥選手が、ドネアの前にカシメロと試合したい理由です。

カシメロはこれまでの度重なる挑発で、井上尚弥選手もさすがに、いい加減にしろ!と言う気持ちもあったんでしょうね。

でも、今の井上尚弥選手は、カシメロ、ドネア、どちらと戦っても倒すよ!

カシメロと契約を結ぶプロモーターもアウェイでの試合を了承しています。

井上尚はカシメロが日本で王座統一戦に臨むことに前向きな姿勢を示したされる報道を添付。米専門サイトによると、カシメロと契約を結ぶMPプロモーションのショーン・ギボンズ氏が「カシメロは日本に行くし、問題ないことだ。いつでもどこでも誰とでもWBO王者として戦うでしょう」とアウェーでの王座統一戦にGOサインを出したという。          引用元:中日スポーツ

井上尚弥VSカシメロの試合日程はいつ?予想してみた

 

井上尚弥VSカシメロの試合は実現に向かっています。
そうなると、試合日程です。
まだ、井上尚弥VSカシメロの試合が確定していないのに、試合日程はありませんよね?
しかし、試合実現の可能性が高い以上、試合日程はボクシングファンであれば気になる所です。
そこで、試合日程をいつ頃なのか?予想してみました。
当初は井上尚弥VSドネアの試合が濃厚でしたが、こちらの試合は年内と報じられていました。
井上尚弥選手は2021年6月20のダスマリナス選手以来、試合をしていません。
試合の間隔を空ける事や年齢的な事を考えると、井上尚弥VSカシメロの試合は今年の12月が可能性が高いです。

井上尚弥VSカシメロは消滅?カシメロVSドネア?

 

【2021年8月31日追記】

 

画像引用元:Jcastニュース引用

 

井上尚弥選手とカシメロ選手はお互い年内に決着をつけよう!と言っています。

カシメロ選手は自身のYouTubeで、「12月11日に次戦を行い、対戦相手は井上になる!」と発言しています。

ただ、ボクシングの世界タイトルマッチと言うのは、選手同士では試合日程など決める事はできません。

両者のプロモーターの存在を忘れてはいけません。

カシメロ選手のプロモーターである、ショーン・ギボンズ氏は、ノニト・ドネア選手の対戦を優先させたい意向を示しました。

そうなりますと、一番心配なのは、井上尚弥選手の試合間隔が空いてしまう事が気になります。

それと、カシメロVSドネアが試合した場合、かなり高い確率でドネアが勝つでしょう。

そうなると、井上尚弥VSカシメロの試合は消えます。

カシメロVSドネアが試合した時のボクシングファンの方のコメント

 

カシメロ選手のプロモーターのショーン・ギボンズ氏が言ってる通り、カシメロVSドネアの試合が決まると、井上尚弥選手にとっては、年内の試合どころか、井上尚弥VSカシメロの試合が消える可能性が出てきます。

そこで、今回の記事に関してのコメントを紹介します。

 

プロモーターの意向とか関係なく、素直に井上カシメロが見たいです。
てか何でもいいから年内に観たい。

何よりこれ以上、井上の貴重な時間が失われるのが一番もったいないので。

 

ドネアとカシメロが統一戦をやって、統一チャンピオン同士の戦いになるのが流れだとは思うが、
ただそうなるとカシメロはドネアに勝てないから、井上との戦いは消滅してしまう。
やはり次戦は井上とカシメロの戦いを望む。

 

カシメロじゃドネアに勝てないから、先に井上とやってくれ。でないと幻のカードになってしまう。

井上尚弥VSカシメロ試合日程が決まらない事にファンうんざり

【2021年9月17日追記】

以前として井上尚弥VSカシメロの試合日程が決まらない中、2021年9月17日井上尚弥選手のTwitterがカシメロの試合についてコメントしていました。

 

井上尚弥の2021年9月17のTwitter

 

井上尚弥選手が思うのは最もです。両陣営のプロモーターに責任があります。

選手にストレスをかけています。

井上尚弥選手にとって試合間隔が空くのはかなりのマイナスになります。

この井上尚弥選手のTwitterに対してファンが「階級をスーパーバンタム級に上げては?」問うコメントが多く寄せられています。

井上尚弥はスーパーバンタム級で試合を!

 

2021年9月17日井上尚弥選手のTwitterに対してファンの方が「スーパーバンタム級に上げては?」と言うコメントが多かったので紹介します。

井上も1階級上げて戦った方がいいんじゃないの

 

てか、さっさと階級上げろよ。
今のしょうもないバンタム級統一より何階級も制覇した方が価値あるだろ。

 

ホント統一戦というのはとんとん拍子で行くときはいいけどやっぱり時間がかかるな・・・
本人同士がしたいからということで実現できないし、ほんとにプロモーターや陣営の都合。
正直うんざり!!
井上自身の希望だから仕方ないけど井上自身も嫌気がさしてきているように思えるしモチベーションが保てないようなら階級アップも視野に入れるべき。

ファンも呆れ通り越して、早いうちに井上尚弥選手の階級上げる事も視野に入れた方が良いかも知れませんね。

 

まとめ

 

井上尚弥vsカシメロの試合日程について紹介してきました。

まとめますと

  • 井上尚弥vsカシメロの試合は年内(2021年)には行わない
  • 来年(2022年)に日本で4団体統一戦の構想がある事からそこに、井上尚弥vsカシメロの試合が行われる可能性が考えられます。

井上尚弥選手は2021年12月14日に両国国技館にてアラン・ディパエン選手(タイ)と試合が決まっています。

スッキリ勝利して年内を締めくくって下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事