もう中学生が芸能界で再ブレイクしたのはあの有吉の番組?一度は引退も考えたことも?

2000年代後半に「エンタの神様」で知名度を一気に上げたもう中学生さん。

徐々にテレビで見なくなり、一時期は引退を考えたこともあるそうです。

そんなもう中学生さんは今再ブレイクを果たし、再び芸人として脚光を浴びています。

もう中学生さんの再ブレイクの恩人となる2人の芸人とは?再ブレイクしたのは有吉さんの具体的にどの番組?など、この記事ではもう中学生さんの再ブレイクするまでの道のりについてご紹介します

こうしてみると、人の縁と言うのは生きていく上で大切なんですよね?

もう中学生さんの場合、一度は諦めた芸能界ですが、有吉さん、川島さんがきっかけになり、再ブレイクを果たしました。

又、もう中学生さんは、ファンからも愛されていますので、今後の活動が注目です。

 

もう中学生が再ブレイクしたキッカケは有吉の番組?

 

もう中学生さんは、しゃべくり007に出演した時に、再ブレイクのきっかけとなった人物が有吉さんであることを明かしています。

かつて段ボール芸人として活躍していたもう中学生さんが、大喜利サイトで一般人に混じりネタを投稿しているのを見て、有吉さんが「お前の居場所はそこじゃない」と言ってくれたそうです。

その後有吉さんがMCをつとめるお笑い番組から出演オファーが来たとのことです。

もう中学生さんは番組出演のオファーを受け、その後再ブレイクを果たしました。

 

もう中学生が再ブレイクしたのは有吉のどの番組か?

 

もう中学さんが再ブレイクしたのは、有吉さんと佐藤栞里さんがMCをつとめる「有吉の壁」です。

とにかく明るい安村さんも有吉の壁で再ブレイクしています。

有吉の壁では芸人が滑ることもしょっちゅうあり、そこが面白い番組です。

もう中学生さんは2020年に有吉の壁に初登場、これまでの仕事の中で1番緊張したと麒麟の川島明さんがMCをつとめるラジオ番組の中で心情を明かしていました。

もう中学生さんは、初登場となる有吉の壁では段ボール芸ではなく、焼きそばのかぶりもので登場しました。

2021年になった現在ももう中学生さんは有吉の壁に出演し、段ボール芸や新しい芸も次々と披露しています。

もう中学生が再ブレイクしたのは実は有吉ともう一人いた?

 

もう中学生さんはしゃべくり007に出演した時に、再ブレイクときっかけとなった恩人が有吉さんの他にもう1人いることを明かしました。

その人物とは麒麟の川島明さんです。

もう中学生さんは2020年にコロナ禍のため無観客ライブを配信しました。

そのライブを視聴した川島明さんが面白すぎると「水曜日のダウンタウン」で紹介してくれたことがきっかけとなり、多くの人がもう中学生さんに注目してくれたそうです。

もう中学生さんは川島明さんと深い親交があり、川島明さんのツイッターには度々もう中学生さんが登場しています。

もう中学生さんは性格の良さで知られていますが、川島明さんからもとても愛されていると感じます。

 

もう中学生さんの学歴と家族構成についてはこちらで詳しく紹介しています。

もう中学生は引退を考えたことも?

 

もう中学生さんは1983年2月14日生まれで、2021年11月現在の年齢は38歳です。

2001年にお笑い芸人としての活動を始めている芸歴20年のベテランですが、1度は芸人引退を考えたこともあるそうです。

もう中学生さんが引退を考えていたのは再ブレイクの前年となる2019年頃です。

もう中学生さんは当時を振り返り、「箸にも棒にもかからなかった」と表現していることから仕事が見つからずに諦めモードから引退を考えていたことがうかがえます。

この頃にはもう中学生さんの心は実家の長野に戻る方向で固まっていたとのことです。

ネタで使っていた段ボールも少しずつ減らしていき、荷物を全部長野に送ったら東京を去る予定だったそうです、、、

もしも有吉さんが声をかけなかったら今テレビでもう中学生を見ることはなかったと思います。

 

もう中学生が再ブレイクするまでの下積み時代とは?

 

もう中学生さんがブレイクしたのは20072010年頃です。

芸人は浮き沈みが激しいと言われていますが、もう中学生さんもその後例を漏れずじょじょにテレビという表舞台から消えていきました。

もう中学生さんはライブや営業などで芸人としての活動を続けており、2017年には舞台にも出演しています。

しかし、当時のもう中学生の話によると、もう中学生は仕事が忙しくなくお金も500円くらいしか持っていなかったそうです。

下積み時代は具体的に次のような仕事をしていたようです。

  • 地方の営業

もう中学生さんは有吉の壁で再ブレイクする以前は、主な収入源は地方でのイベントだったと語っていました。

コロナ禍でイベントが軒並みキャンセルとなり、経済的に大変苦しい時期が続いていたようです。

  • R-1グランプリへの出場

ピン芸人のNo.1を決定するR-1グランプリに2015年に出場しています。

ピン芸人として活動するもう中学生さんは、同じくピン芸人の永野さんとコンビを結成しM-1グランプリ2015にも出場しています。

  • 舞台俳優

もう中学生さんは2017年に舞台俳優デビューし演技も評価を受けましたが、再ブレイクには至りませんでした。

もう中学生さんは舞台ハイスクール奇面組や、平原綾香も出演していたミュージカルメリー・ボンズなどに出演しています。

 

もう中学生が再ブレイクする前の評判口コミは?

 

もう中学生さんが再ブレイクする前の評判口コミをご紹介します。

再というか、今まで気付かれなかった良さを有吉が引き出してくれましたので、改めて別の部分でのブレイク中ですね。
これは物凄く意義があり良いことです。
ロンハーやアメトーーク!で淳や加地さんが相当数の芸人を持ち上げブレイクさせて来たのと同様、有吉にもプロデューサー気質や才能があることの証明です。

引用元:Yahoo知恵袋

 

そうですね。再なんですね。

前から好きです(╹◡╹)
顔と声が好きです。
コントのセットも好きです。
ネタは分からない時もあります。
引用元:Yahoo知恵袋

 

もう中、春日、凄く好きです。藤井隆も面白いですね!

チョイスが変というより、3人とも共通して、普段は穏やかで、お笑いはちょっと先の言動読めないハラハラワクワク感がありますね。

春日は安定してますけど、笑いって誰が再ブレイクするかわからないですから、流行ってるからおかしくないとかではないと思います。
引用元:Yahoo知恵袋

 

もう中学生さんは下積み時代も現在と変わらず、ほのぼのとして見れる、面白くないけどなぜか面白いといった感想が多かったです。

庶民的で誰とでも和気あいあい話せる!もう中学生さんにはそのキャラクターがあります。

段ボールをネタにしたり、普段の生活をネタにする、もう中学生さんは親近感すら感じます。

まとめ

 

もう中学生さんは長い下積み時代を経てブレイクするも、その後2020年に有吉の壁に出演するまで再び長い下積み時代を送ってきました。

1度は芸人引退も考えたもう中学生さんですが、有吉さんと麒麟の川島さんがきっかけとなり再ブレイクしています。

もう中学生さんの引退エピソードを聞いて、人とのご縁は本当に大切だと感じました。

性格が良く多くの芸人やファンに愛されているもう中学生さんの今後の活躍にも期待しましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事