千住真理子がプロのバイオリニストになるための驚愕の英才教育とは?

千住真理子さんは、プロのバイオリニストです。

彼女(千住)さんの生き様はバイオリンと共に生きるです!

その強烈ともいえるバイオリンに対する想いと言うのは、幼少時期にあったようです。

千住真理子さんの幼少時期の英才教育について調べてみました。

調べた結果

  • 千住真理子さんの父親は、趣味を許さない!やるなら本業でプロになれ!
  • 千住真理子さんの母親は友達に嘘をついたり、悪口言うのを嫌う人です。子供のような人で、子供達とふざけたり、遊んだりする心を大切にする人でもあります。

 

千住真理子が幼少時代に味わったバイオリンの英才教育とは?

 


千住真理子さんは、2歳3ヵ月からバイオリンを始めました。これは凄い!

かなりの教育だったことでしょう。

では、千住真理子さんはどの様な英才教育を受けていたんでしょうか?

 

千住真理子をここまで育ててきた英才教育とは?

 

千住真理子さんがどの様な英才教育を受けたのか?

こちらの動画でその全貌が明らかになっています。

千住真理子さん=父母共に変わっていて、両方とも 両驚嘆と話しています。

千住明さん=父親は子供の事を事もと見ない!やっている事に対してリスペクトを持とうとしている。趣味でバイオリン弾ているのであれば辞めろ!

千住真理子さんの父親はやるのであれば、頂点を極めろ!的な考えで妥協できない方ですね。

千住真理子さん=父は怒らないんだけど、何も言わないから、返って怖い!まるで学校の校長先生の様な存在でした。

千住明さん=母親は子供の様な人でした。自分達(明さん、真理子さん)一緒に遊んだり、ふざける事が大好きな母ですが、一般常識に反することをすると凄く怒られました。

母は心を大事にする人でした。

千住真理子さんは小さい時からバイオリンをやっていましたが、父親の徹底した、妥協を許さない英才教育という事が分かりました。

千住真理子のプロフィール

本名  千住真理子

生年月日  1962年4月3日

血液型 A型

東京都杉並区出身

最終学歴  慶應義塾大学卒業

千住鎮雄(父) 慶應義塾大学名誉教授(工学博士)

千住文子(母) 教育評論家であり、エッセイスト

千住博(兄) 日本画家

千住明(次兄) 作曲家

 

プロフィールでもお分かりの様に、千住家の人全員が第一線で活躍されています。

バイオrンやるのであれば、プロのバイオリストに!画家になるのであれば画家を!作曲家になるのであれば作曲家に!父親の、教育が全てを物語っています。

 

千住真理子が10代の時に、悩み苦しんだ事とは?

 

上記の動画では千住真理子さんが10代の時に余りに苦しい時期があり過ぎました。

と語っています。

その苦しい思いは具体的には公表されていませんでしたが、千住真理子さんはその後で、その苦しさを味あわないとプロにはなれない!と語っています。

千住真理子さんは、10代の時にプロのバイオリニストになっています。

プロのプレッシャーを肌で感じたんでしょうね?

 

千住真理子20代にバイオリンが弾けなくなる?

 

千住真理子さんが20代の時でした。

バイオリンを辞めようと本気で考えた時期があったそうです。

こちらも具体的な理由は明かされませんでしたが、小さい頃、バイオリンが大好きで始めた千住真理子さんは10代でプロになり、20代に入ってから周りの演奏家の方と自分が(千住さん)違う事に気が付き辞めようと考えた可能性が高いです。

数年間バイオリンから離れていた千住真理子さんはボランティア団体の1本の電話がキッカケになり

バイオリンの活動を再開しますが、いくら練習しても元の感覚に戻らなくなり、ステージ上でバイオリンが弾けなくなる事態になりました。

千住真理子さんが人生最大の苦悩と明かしています。

バイオリンが弾きたくても弾けない!苦悩が7、8年続いたある日に、チャイコフスキーの曲を弾くときに、突然、瞬間的に全部が自分に戻ったんです。

千住真理子さんは「神様が許してくれたんだなぁー」を話しています。

千住真理子の性格が2度の離婚を引き起こしている?元夫は誰?記事を紹介しています。

 

まとめ

 

千住真理子さんのプロのバイオリストになるための驚愕の英才教育について紹介してきました。

まとめますと

  • 千住真理子さんの父親は、趣味を許さない!やるなら本業でプロになれ!
  • 千住真理子さんの母親は友達に嘘をついたり、悪口言うのを嫌う人です。子供のような人で、子供達とふざけたり、遊んだりする心を大切にする人でもあります。

という事が分かりました。

千住真理子さんさんが一番恐れていた事は、父親の信念と、普段は何も言わない事がプレッシャーになり恐怖を感じていたようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事