真鍋慧の出身中学はどこか?兄弟や家族構成は?

真鍋慧選手は広島県の強豪校広陵高校で2年生ながら4番バッターを務めている今後の活躍が期待されている注目選手です。

真鍋慧選手は現高校2年生世代の佐々木麟太郎選手、佐倉侠史朗、前田悠伍選手ら「BIG4」の一人に数えられていて、類稀なバッティングセンスと長打力が魅力な選手で、その打撃力から「広陵のボンズ」とも呼ばれています。

そんな注目されている真鍋慧選手の出身中学と家族構成について調べてみました!

 

真鍋慧の出身中学は?

 


真鍋慧選手の出身中学校は広島県広島市にある、広島市立瀬野川東中学校です。

 

 

瀬野川東中学校は1989年に広島市立瀬野川中学校から分離して設立され、広島市立瀬野小学校、広島市立みどり坂小学校2校の学区内から生徒は進学します。

瀬野川東中学校には野球部はありますが、真鍋慧選手は学校の野球部には所属せずに、広島市安芸区にある広島安芸リトルシニアに所属していました。

真鍋慧選手はみどり坂小学校1年生の時に瀬野ソフトボールクラブに所属し、ソフトボールを始めていましたが、本格的に硬式野球を始めたのは広島安芸リトルシニアからになります。

 

真鍋慧の中学時代は?

 

広島安芸リトルシニアに所属していた真鍋慧選手は中学3年時にはすでに187cm、84kgと中学生離れした体格が出来上がっていて、当時から豪快なバッティングが注目されていました。ポジションは今と変わらず内野をメインで守り、130キロの速球を放つ投手としても存在感があった二刀流選手でした。

広島安芸リトルシニア時代は関西連盟中国支部秋季中国大会出場や、日本リトルシニア関西連盟中国支部1年生大会で3位と地方大会での結果はありますが、全国大会出場経験がなく、中学日本代表経験もないと今とは違い全国的にはまだ名が知れ渡ってなかったそうです。

中学3年時に新型コロナウイルスが流行し、各大会が中止になった背景も影響しているのでしょう。大会中止がなければ最終学年の公式試合で打ちまくって全国に名をとどろかせていたと考えると残念でなりませんね。

 

広島市立瀬野川東中学校の特徴は?

 

引用元広島市立瀬野川東中学校公式ホームページ

 

広島市立瀬野川東中学校は1989年に広島市立瀬野川中学校から分離して設立され、現在約600人の生徒が在籍しています。

校訓に「優しさ・発進」を掲げていて、「人として優しく、思いやり深い心でありたい」との願いとともに、「自己実現を目指し、未来に向けて飛び立とう」と将来に向けての期待・希望が込められています。

令和4年度の学校教育目標は「社会をよりよく生きるため自ら責任を持って考え判断し行動する、優しいたくましい生徒の育成」としていて、学校教育目標実現に向け、学校・家庭・地域が一体となって、教育活動を行っているのが特徴的です。

バレーボール部やバドミントン部などが大会で優秀な成績を収める部活動が盛んで、真鍋慧選手は瀬野川東中学校の野球部には所属していませんでしたが、部活動が盛んということもあり、身近に刺激しあえる仲間がいたと推測できます。

 

真鍋慧のプロフィール

真鍋慧 (まなべ けいた)

生年月日 2005年6月17日

身長 189㎝

体重 91㎏

性格 負けず嫌い

小学校1年生の時にソフトボールを始めて、中学校時代は安芸リトルシニアに所属していました。

高校は広陵高校に進学し、1年生の夏からベンチ入りし、秋の新チームからは4番に定着して明治神宮大会では準決勝の花巻東戦で3ランを放ち、同じ「BIG4」と呼ばれている大阪桐蔭の前田投手との対戦では3安打2打点と準優勝に大きく貢献しました。

 

 

真鍋慧の兄弟や家族構成は?

 

真鍋慧選手は189cm91kgと恵まれた体格を持っており、その体格は遺伝なのかみなさん気になるとこですよね。

真鍋慧選手はご両親とお兄さんの4人家族であり、真鍋慧選手は末っ子だそうです。

4人家族の末っ子として生まれ育った真鍋慧選手ですが、お父さんやお兄さんも同じく野球をやっていてかどうか調べてみました。

 

真鍋慧に兄弟はいるのか?

 

先ほど述べさせていただきましたが、真鍋慧選手には4歳年上のお兄さんがいて、真鍋駿さんと言います。

真鍋駿さんは広島県立広島商業高校の野球部出身で、広島商業は春夏ともに甲子園優勝経験がある強豪校です。真鍋駿さんは主将として2019年の夏の全国高校野球選手権に15年ぶりに出場を果たしています。

2回戦で岡山県の岡山学芸館高校と一戦で広島商業は3点リードしていたが終盤に岡山学芸館の怒涛の追い上げによって逆転され5-6と惜敗し、31年ぶりの甲子園での勝利には届きませんでした。

真鍋駿さんも180cm、80kgと弟の慧選手に若干劣るものの恵まれた体格をもち、現在は法政大学の3年生で野球部に所属しています。

真鍋慧選手はお兄さんを尊敬していて背中を追い続けていますが、広島商業ではなく広陵に進んだ理由が「尊敬する兄を超したく、日本一を目指せる場所」として広陵高校に進学したそうです。

 

真鍋慧の両親は?

 

残念ながら、真鍋慧選手のご両親に関しての情報は見つかりませんでした。

しかし、真鍋慧選手と兄の駿さんの体格から推測するにご両親も素晴らしい体格の持ち主だと考えられます。

兄弟とも野球で全国で活躍選手になっているので、おそらくは真鍋慧選手のご両親も何らかのスポーツで活躍していた可能性が大いにありますね!

末っ子の真鍋慧選手が野球を始めたきっかけは、お兄さんはもちろんお父さんの影響もあると考えられ、お父さんが野球経験者であるかも気になりますね。

恵まれた体を持つ真鍋慧選手は幼いころから食事面等でご両親にいろいろなサポートを受け、今の活躍に繋がっているのでしょう。

 

まとめ

 

真鍋慧選手の出身中学や家族構成について紹介してきました。

まとめますと、

  • 真鍋慧選手は広島市立瀬野川東中学校出身で野球部には所属せず、クラブチームの「広島安芸リトルシニア」に所属していました。
  • 全国大会や日本代表経験はなかったが、類稀なるバッティングセンスで早くから注目される存在でした。

真鍋慧選手の家族構成は父・母・兄・慧さんの4人家族です。

父・母は一般の方で情報は分かりませんでした。

お兄さん(真鍋駿)さんは、広島商業出身で甲子園出場経験があります。

広島商業で日本一に届かなかったお兄さんの夢を、弟の真鍋慧選手は広陵高校で来年甲子園で念願の日本一を達成し、尊敬するお兄さんを超えられるか注目したいですね!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事