オースティンが日本戦でホームラン出るか?梅野は抑えられるか?

野球ファンならお馴染みのオースティン選手は、横浜DeNaベイスターズに所属する外国人選手です。

65試合出場して打率が2割8分6厘、20本塁打、56打点の成績をおさめておます。

外国人特有のパワーは健在で、オースティン選手は2020年に20本塁打を打っているので強打者です。

オースティン選手は東京オリンピックで8月2日の侍ジャパン(日本)戦でホームランを打てるのでしょうか?

日本のキャッチャー梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事が出来るでしょうか?

こちらの2つを予想してみました。

結論から申しますと

  • オースティン選手はホームランを打つ事はないでしょう。
  • オースティン選手は日本でプレーしている事から、日本側はオースティン選手を良く熟知しているのが理由です。

日本のキャッチャー梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事が出来るでしょうか?

  • 梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事は可能です。
  • 梅野隆太郎捕手は捕手は阪神タイガース、オースティン選手は横浜DeNaベイスターズでプレーしている事から相手の事を熟知しているのが理由です。

 

オースティンは日本戦でホームラン打てるか予想してみた!

 

アメリカはオースティン選手が先発出場していますが、ホームランは打てるのでしょうか?

オースティン選手は日本からホームランを打つ事はないです。

Twitterでは、オースティン選手の恐怖を感じている人が多い様です。

何故多くの方がオースティン選手の恐怖を感じているかと言いますと、先発投手が田中将大投手というのがあるようです。

今年の交流戦でオースティン選手は田中将大投手からホームランを打っているからです。

なので余計心配になるんですね。

しかも、お互い相手の事を知り尽くしているので、余計にやりにくいんですね。

 

オースティンの特徴

 

先程オースティン選手は日からでホームランは打つことはありません。

と言いましたが、その根拠として、オースティン選手の特徴にあります。

一言で言いますと、オースティン選手は直球はめっぽう強いですが、変化球、チェンジアップに弱く対応が悪いんです。

日本側としては、日本でプレーしているオースティン選手の事を熟知していますので、封じ込めは簡単です。

パワーがありますので、直球の高めに投げるとホームランボールになります。

パワーがある反面、怪我が多く、離脱する場面が多いのも特徴です。

 

日本代表のキャッチャーは梅野隆太郎!

 

ホームランを打たせない為に必要不可欠なポジションはキャッチャーです。

今回、アメリカ戦のキャッチャーは梅野隆太郎捕手です。

梅野隆太郎捕手は阪神タイガースの正捕手として、強肩で2塁の送球が早いのが特徴で、投手、ファンからの信頼が厚いです。

 

 

まとめ

 

オースティン選手は東京オリンピックで8月2日の侍ジャパン(日本)戦でホームランを打てるのか?

梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事が出来るか?について紹介してきました。

まとめますと

  • オースティン選手はホームランを打つ事はないでしょう。
  • オースティン選手は日本でプレーしている事から、日本側はオースティン選手を良く熟知しているのが理由です。

日本のキャッチャー梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事が出来るでしょうか?

  • 梅野隆太郎捕手はオースティン選手を抑える事は可能です。
  • 梅野隆太郎捕手は捕手は阪神タイガース、オースティン選手は横浜DeNaベイスターズでプレーしている事から相手の事を熟知しているのが理由です。

という予想になりました。

日本には勝利してほしいのと、オースティン選手にはホームラン打たないでください!

頑張れ侍ジャパン!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事