エニータイムフィットネスが緊急事態宣言でも休まず、通常営業している理由とは?

現在、緊急事態宣言が出てから多くの飲食店が閉店、時短営業を余儀なくされています。

その中でスポーツジムでも時短営業を行っている店舗が増えてきいます。

以前ニュースでもスポーツジムでクラスターが確認されたことから、3密になりやすい

環境にあるので、スポーツジムでトレーニングするのは危険という認識が高まってきています。

その中、エニータイムフィットネスでは、緊急事態宣言が出たにも関わらず、通常営業を行っています。

そこまで通常営業している理由について調べてみました。

結論から申しますと

  • マシンジム特化型ジムなので人と人が密接になりにくい
  • 1時間に2回の空調整備による空気の入れ替え
  • マシン使用後の消毒、館内の消毒、消毒スプレーの設置
  • 24時間営業なので、人が少ない時間帯にトレーニングが出来る
  • 大型店舗と違い、スタジオ、プール、サウナ、お風呂がないので3密になりにくい

以上がエニータイムフィットネスが通常営業している理由です。

エニータイムフィットネスが緊急事態宣言後も通常営業しているのか?問い合わせてみました

エニータイムフィットネスジムは24時間営業しているのが特徴で、2020年の時点で全国800店突破しました。

利用者の多いエニータイムフィットネスジムですが、今回、2回目の緊急事態宣言が出ても通常営業を行っているのは何故でしょうか?

多くのジムでは時短営業をとっている中、クラスターが出てしまうのでは?

エニータイムフィットネスに問い合わせてみた所、以下のような回答を得る事が出来ました。

エニータイムフィットネスジムは緊急事態宣言出ても通常営業と聞きましたが、
他のジムでは時短営業している中、何故そこまで強気営業をしているのでしょうか?他のジムでも感染対策はしていると思うんですが、、、?

お客様

お問い合わせ頂きありがとうございます。
少し長くなりますが、ご説明させて頂きます。

コロナウイルス感染症の集団感染が生じた場所
「密閉」「密集」「密接」という「3密」が共通点となっていますが、エニタイムフィットネスは一般的なスポーツクラブとは違いマシンジム特化型であり、セルフトレーニングが主体となる施設のため「3密」にはなりません。

エニタイムフィットネスでは1時間に2回程度の「空調設備による空気の入れ替え」を行っており「密閉」空間には該当しません。スタジオや温浴施設を保有しておらず会員さま同士が「密集」する機会がありません。

24時間営業という運営特性により混雑する時間帯を避けてのご利用が可能なため、他の会員さまとの接触機会が少なく「密接」が起こりにくい状態です。
時短営業は密接状態がおき、感染リスクを上げてしまう可能性が考えられます。

これまでと変わらず、今後も感染拡大防止対策を徹底し、対象都府県を含め、通常通り営業いたします。引き続き、すべての会員さまに心身の健康増進のための場を提供し、安心して施設をご利用いただけるよう、感染拡大防止対策に努めてまいります。

会員のみなさまにおかれましても、今一度「ご利用時のルール」をご確認いただき、感染防止対策にご協力下さいませ。何卒ご理解ご協力を賜りますようお

願い申し上げます。

エニータイムフィットネスジムが緊急事態宣言が出ても、通常営業している理由は

  • 密閉・密集・密接の徹底
  • マシンジム特化型ジムな事
  • 1時間に2回の空調整備による空気入れ替えの徹底!
  • エニータイムフィットネスジムはスタジオや温浴施設がないので密集がない事
  • 24時間営業のメリットは空いている時間帯にいく事で他の会員の方との接触機会が少ないので密接が回避できます。

エニータイムフィットネスジムはマシーンに特化したジムです

エニータイムフィットネスジムではマシーンに特化したジムという事、プライベートジムを広くした空間のジムです。

ランニングマシーンはYouTubeが見れます。

ジムではマシーン、シャワー室、着替え質、ロッカー(有料、無料)があります。

エニータイムフィットネスの休会システムについて

緊急事態宣言が出てジムに行くのが怖い、感染対策をしていても不安を感じている方

多いのではないでしょうか?

又生活環境によってジムに行くのが不安と思うの方も多いのではないでしょうか?

例えば

  • 親と同居していて親に感染されるわけにはいかない
  • 職場の人に感染させたらいけない
  • 他の人に感染させたらいけない

ジムに行けないのに毎月の会費を払うのは勿体ないですよね。

エニータイムフィットネスでは休会システムがあります。

休会は希望する月の前月の10日までに所属店舗にて手続きします。

有料のロッカーを使っている場合は、休会すると失効になります。

復帰する時に有料ロッカーを使いたいときは、再度契約が必要になります。

休会中の費用は毎月1,100円銀行引き落としになります。

セントラルフィットネスクラブの緊急事態宣言後の営業時間は?

引用元:セントラルフィットネスクラブ公式サイト引用

セントラルフィットネスクラブでは、以前通常営業していた時は夜22時まで営業していましたが

緊急事態宣言後の営業時間は、夜20時まで時短営業しています。

緊急事態宣言解除が予定が2月7日なので、セントラルフィットネスクラブ側では2月7日以降は

通常営業時間に戻るのか?追ってホームページで連絡します。と記載されています。

大型施設を構えているセントラルフィットネスクラブでは、スタジオ、プール、サウナ、お風呂など3密になりやすい環境が揃っています。

マシーンの消毒や、換気、お役様のマスク着用など感染対策はしていますが

時短営業は止むを得ない選択だと思います。

コナミスポーツクラブの緊急事態宣言後の営業時間は?

引用元:コナミスポーツクラブ公式サイト引用

コナミスポーツクラブでは緊急事態宣言後の営業時間は20時までとなっています。

通常の営業時間は9時から21時までの店舗が多かったんですが、今回は1時間の短縮営業になっています。

緊急事態宣言の期間は2月7日までとなっていますので、2月7日以降の営業時間に関しては

コナミスポーツクラブ公式サイトにて確認して下さい。

コナミスポーツクラブはセントラルフィットネスクラブ同様に、スタジオ、プール、サウナ、お風呂と言った

3密になりやすい環境が揃っています。

コナミスポーツクラブでは他にもエステなどもありますので、感染対策をより強化しないと、大変かも知れませんね。

まとめ

今回は何故?エニータイムフィットネスは、緊急事態宣言が出たにも関わらず

通常営業を行っているのか?調べてみました。

まとめますと

  • マシンジム特化型ジムなので人と人が密接になりにくい
  • 1時間に2回の空調整備による空気の入れ替え
  • マシン使用後の消毒、館内の消毒、消毒スプレーの設置
  • 24時間営業なので、人が少ない時間帯にトレーニングが出来る
  • 大型店舗と違い、スタジオ、プール、サウナ、お風呂がないので3密になりにくい

でした。

エニータイムフィットネスでは3蜜をクリアしているジムです。

しかし、これはあくまでも絶対感染しない事ではないので、出来れば休会する!

トレーニングしたい気持ちはあると思います。

しかし感染してからでは遅いんです。

どうしてもエニータイムフィットネスでトレーニングするのであれば

これに1つ付け加えて、マスク着用は必死です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事