2023WBCに大谷翔平が登板するのは初戦?栗山監督の戦略とは?

2023年に野球の世界大会WBCが開催されます。

日本代表こと侍ジャパンは、栗山監督の下、世界一を目指します。

今回のWBCには、日本が誇る二刀流プレーヤー、大谷翔平選手が参加を表明しました。

侍ジャパンにとって、とても頼もしい存在と言えます。

そんな頼もしい大谷選手は、いつ登板することになるのでしょうか。

また、侍ジャパンの指揮官・栗山監督はどんな戦略を思い描いているのでしょうか。

今回はこのような疑問に答えるため、大谷選手の登板と起用のタイミング、栗山監督の戦略、またライバルになる国について、紹介します。

WBCの予習におすす。

この記事を読んでWBCを楽しみましょう。

 

WBCで大谷翔平が初戦に登板する可能性は?

 


大谷選手はWBCの初戦に登板するのでしょうか。

これに関しては、現在のところ不明な状況です。

後述しますが、栗山監督は大谷選手の起用法について検討中の段階です。

先発なのか抑えなのか明らかになっていません。

また、ダルビッシュ選手など大谷選手以外にも、優れたピッチャーが侍ジャパンにはたくさんいます。

他の選手の起用も考慮に入れつつ、戦っていかなければなりませんので、初戦に大谷選手が登板するのかは不透明です。

 

栗山監督は大谷翔平をどこで起用するか?

 

大谷選手の起用法について、栗山監督は投手と野手の二刀流がベースになると、話しています。

メジャーで結果を残した二刀流での起用は、順当な起用法と言えます。

しかし、投手としてどの場面で起用するかは、検討中のようです。

シーズン通りの先発での起用なのか。

もしくは中継ぎ、抑え投手として起用するのか。

日本代表の勝利の鍵となる選手なので、起用どころは慎重に考える必要があります。

しかし、中継ぎ、抑え、先発といった投手としての起用だけでなく、バッターとしての起用方法も考えなくてはなりません。

メジャーでホームランを量産する大谷選手の、バッティングを眠らせるのはとても勿体ないです。

ヤクルトの村上選手のように、日本プロ野球でホームランを量産する選手も侍ジャパンにはいますが、メジャーリーグでホームランを打った実績は、かなり希少です。

バッティングかピッチングのどちらか一つを取るかではなく、栗山監督の話す通り、二刀流を両立できる起用法がポイントになります。

 

栗山監督がWBCで優勝する為の戦略は?

 

 

栗山監督率いる侍ジャパンが優勝するための鍵、それはメジャーリーガーです。

メジャーリーガーが鍵といっても、大谷選手やダルビッシュ選手といった日本人メジャーリーガーだけを指すのではありません。

ここでいうメジャーリーガーとは、日本にルーツを持つメジャーリーガーのことです。

たとえば、日系アメリカ人の選手などです。

WBCの規則では、他国にルーツを持つ選手が、他国の代表チームでプレイすることが許可されています。

この規則に基づいたうえで、侍ジャパン入りが予想される選手がいます。

その選手というのが、「セントルイス・カージナルス」所属のラース・ヌートバー選手と、「クリーブランド・ガーディアンズ」所属のスティーブン・クワン選手です。

ヌートバー選手は母親が日本人です。

メジャー二年目の若手ですが、2022年シーズンは108試合に出場しました。

またスティーブン・クワン選手は、母方の祖父母が山形県出身です。

2022年は147試合に出場し、2割9分8厘の好成績を残しています。

(詳しい成績はこちら)

このように、侍ジャパンには日本出身の選手だけでなく、日本に何らかのルーツがある選手

も代表入りできます。

世界最高峰のリーグで活躍するメジャーリーガーの存在は、WBC制覇の鍵になるでしょう。

 

WBCで日本のライバルとなる国は?

 

WBCで日本のライバルは、アメリカになるでしょう。

アメリカはメジャーリーグの第一線で活躍する選手で構成されています。

たとえば、エンゼルスで大谷選手のチームメイトであるマイク・トラウト選手。

大谷選手同様、チームの顔と言える選手で、2022年シーズンは40本塁打を記録した強打者です。

(詳しい成績はこちら)

またバッターだけでなく、ピッチャーに関しても警戒が必要でしょう。

メジャーリーグのピッチャーは動くボールを使う特徴があります。

動くボールというのは、打者の手元でボールが微妙に動き、ゴロを打たせる球種のことを言います。

少ない球数でアウトが取れるのに加えて、一塁にランナーがいる場合、ダブルプレーが発生しやすくなります。

侍ジャパンは、この動くボールに今まで苦しめられてきました。

それゆえ、アメリカ代表との試合は難しいゲーム展開が予想されます。

今大会で必ずアメリカ代表と対戦するとは言い切れませんが、順調に勝ち上がっていけば、アメリカと対戦する可能性が高くなりますので、しっかりとした対策が必要になります。

 

まとめ

 

2023WBCに大谷翔平が登板するのは初戦?栗山監督の戦略とは?について紹介してきました。

まとめますと

  • 大谷翔平が登板するのは初戦か、どのタイミングで起用するかについては現在決まっていません。
  • 分かり次第、追記します。
  • 栗山監督の戦略は日本にルーツを持つメジャーリーガーの起用で勝負を仕掛けていく模様です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事